源氏名ってなんなの?

源氏名というのは、お店で働く場合に使用する自分の名前のことを言います。
水商売というのはお客さんに夢を見させる仕事です。
そのため、普段の自分とは異なる自分を出さなければなりません。

そこで、源氏名を名乗って、その人になりきることで仕事をするのです。
決まりなどは特にありません。
名前だけではなく苗字だけ源氏名にすることも可能です。

それでは、源氏名を考える時にはどうすれば良いのでしょうか。

源氏名の決め方

女性からすると可愛くて憧れるような名前でも、男性からするとウケが悪い名前というものがあります。
洋風な名前よりも、日本人的な名前の方が実は評判が良いといわれています。

そして名前負けしないようにしなければなりません。
あまりにも華やかで、ゴージャス感のある名前で、顔が地味だと名前負けも甚だしいです。
なんだか名前に比べて地味な顔だな…なんて思われてしまうのは辛いですよね。

また、ひらがな2文字の名前というのは覚えてもらいやすいといわれています。
覚えてもらいやすいだけでなく、名前の後にちゃんをつけたり呼びやすくなりますよね。

源氏名ともなれば、これまで理想としていた名前や、自分の憧れている漫画のキャラクターなどの名前にしてしまうこともあるでしょう。
確かにそれもわかるのですが、だからといって自分に合わない名前というのは良くありません。

ちなみに、本名とは全く違う名前にしてください。
似た名前にしてしまうと、お客に対して本名を言ってしまうことがあります。